ぼくらの

号泣でした。

久々に『ぼくらの』見ました。

いやー、意外な展開に正直びっくりしてます(笑)

まぁ、詳しくは書きませんが
本当に歌聞くたびに号泣。
映像見るたびに号泣。
もう泣きまくりな20話~23話でした。

後、1話で終わりなんですけど
ちゃんとみんなの生き様を見届けようと思ってます!!!

そうそうOPも最高に良いんですが
EDの曲が凄く切なくて
いい歌詞なので載せますね。

本当に生きるって凄いことなんだって
改めて思い知らされる作品です。

是非みなさん見てください!!!!
見て損はないと思いますよ?
むしろ今のこの時代だからこそ
見て欲しいってのはあるかもしれないですね。

『Vermillion』

Vermillion 僕らは生きることにしがみついたけれど
Vermillion それを格好悪いとは思わない

真っすぐ過ぎる君だから
自分の椅子が見えないと
冬の枝のようにぽっきり折れるようで心配なんだ
あの日丸めたままの紙切れを押し付けて走ってった
―僕を覚えていて―
指で文字をなぞっては 大声で泣いた夕映え


Vermillion 僕らは生きることにしがみついたけれど
Vermillion それを格好悪いとは思わない

知らぬ間につくってた
かすり傷から溢れる
その朱く愛しいもの
手を触れずに見つめていたよ

窓の外の気配に君の名を呼びながらしゃがみ込んだ
僕はこの世界の全てを知ってはいけない
たとえ君をなくしても

Vermillion 僕等の中に静かに流れてるものは
Vermillion あの空より朱く激しいものだよ

朱く激しいものだよ

無性に喉が乾くのは僕に生まれ始めた
生きたいという叫びたいほどの真実

Vermillion 僕らは生きることにしがみついたけれど
Vermillion それを格好悪いとは思わない
Vermillion 僕等の中に静かに流れてるものは
Vermillion あの空より朱く激しいものだよ
朱く激しいものだよ

| | コメント (0)